軽便鉄道資料館

昭和6年から昭和38年まで頸城鉄道株式会社(昭和19年から頸城鉄道自動車株式会社)本社として使用していた建物を平成26年『上越市歴史的建造物等整備事業』の認定を受け、『軽便鉄道資料館』として改修し、様々な鉄道資料の展示を行っています。
 
敷地内には『くびき野レールパーク』があり、上越市文化財の蒸気機関車2号機(通称コッペル号)をはじめ、ディーゼル機関車DC92、気動車、客車、荷物車、貨車などが保存されています。(NPO法人くびきのお宝のこす会)
 
通常は非公開ですが、コッペル号の公開に合わせて資料館を開館しています。
 
◎NPO法人くびきのお宝のこす会のHPはこちらから(機関車の公開等の情報もこちら)
軽便鉄道資料館 看板
軽便鉄道資料館建物全体
展示室内へ
館内図