昭和5年頃の乗合バス

乗合バスの営業許可を得たのは昭和4年7月3日。
乗車定員8人のシボレーで8月1日より浦川原~直江津間1日4往復の運行を開始しました。
所要時間は約50分。運賃は浦川原~直江津間65銭。(物価の目安:そば1杯10銭、葉書1銭、封書2銭)
昭和5年頃の乗合バス
5人乗りフォード
 
浦川原線(浦川原~番町~高田)の運行開始は昭和4年10月28日から。
使用車両は5人乗りの新フォード。当時の所要時間は1時間10分。運賃は浦川原~高田間80銭。
当時はエンジン始動にクランク棒を回す力仕事だったため、上記写真の女性は女性車掌として二人目、珍しい存在だったそうです。