鉄道資料bW
  新黒井駅



西の玄関口として大正3年10月1日開業。
スタンダード石油直江津工場の外人宿舎(通称・異人 屋敷)の1棟を譲り受けて移築。
本線(旧国鉄)の黒井駅の平屋建てに対して2階建ての威容を誇り、2階で取締役会が開かれたこともある。


昭和43年10月1日一部廃線 により閉鎖
 


  新黒井駅跡

(後方はJR黒井駅)
  廃線から30年以上経過した鉄橋(新黒井駅傍)は平成13年5月に河川改修のため撤去されました。

87才でした。
 
  新黒井駅から北四ツ屋駅方面を望む旧線路敷跡

昔日の田園風景の面影は見られなくなりました。
一部は現在県営の工業団地となっています。
 
  新黒井駅から出発するヂーゼル機関車 
  昭和初期の直江津駅 
 
次の北四ツ屋駅まで2.6km⇒


頸城自動車のトップページに戻る 鉄道資料目次へ戻る 鉄道資料7へ戻る 鉄道資料9へ