鉄道資料bP8
地域の期待を背負って走り続けた頸城鉄道線も昭和21年以来赤字を繰り返すようになり、鉄道斜陽化の中で体質改善を断行いたしましたが抗しきれず昭和43年ついに新黒井駅〜百間町駅、飯室駅〜浦川原駅間が廃止、続いて昭和46年残りの区間が廃止され、ここに57年間の歴史を閉じることになりました。
客車ニフ1  客車ホハ1 
 

客車ホハ2
 
客車ホハ3 展望客車ハ6
 

客車ホハ4
 

客車ホハ5
 
畳敷特別車 有蓋貨車ワ10
 
  無蓋貨車トフ4
 
大正時代の乗客の様子 内燃客車ホジ3


頸城自動車のトップページに戻る 鉄道資料目次へ戻る 鉄道資料17へ戻る 鉄道資料19へ