鉄道資料bP0
  百間町駅


大正3年10月1日開業

昭和46年5月2日
全線廃止により閉鎖

駅に(線路に沿って)並 んでいる奥の建物は機関庫(現存)、
駅の左奥の建物は旧本社(現存) です。

線路跡は今は道路に。
 
百間町駅跡に建つ石碑

後方の建物は旧本社
  上段
 ホーム灯

ホームの下見板や柱に引っ掛けてホームの照明に用いた。
(開業当時のもの)
 

上段
  カーバイトランプ(作業灯)

車両の点検や整備に使用していたもの


下段
 合図灯(灯油)

下段
 合図灯(蓄電池) 
 
  こんなこともありました。

昭和37年7月20日、百間町駅近くの小学校に大鵬、柏戸など一行500名の
大相撲力士たちがやってきた。

 百間町場所は4000人のファンが押し寄せ、臨時列車6本を運転。

 客車からはみだして無蓋貨車に乗り込んだ力士たち。
 
  次の鵜の木駅まで1.0km⇒


頸城自動車のトップページに戻る 鉄道資料目次へ戻る 鉄道資料9へ戻る 鉄道資料11へ