昭和30年頃の貸切バス

昭和30年頃の貸切バス
 
一般貸切旅客自動車運送事業が認可されたのは昭和25年1月11日。
当時は輸送対象を進駐軍関係外国人観光客冠婚葬祭学術研究重要産業視察厚生保健
修学旅行に限定、車両の流用・団体の募集などは禁止されていました。
翌年には事業区域の拡張で県外へもルートを開発、団体貸切事業も大きく発展していきます。
昭和28年には大型車両も購入、ガイドの研修教育も急ピッチで行われました。
関東周遊旅行3泊4日ツアーでは現在のようなテキストもない中での案内など、涙ぐましい努力
がありました。

閉じる